不動産投資

【オーナーズブックの評判は?】メリット・デメリット・始め方を詳しく解説

 

 

・クラウドファンディングのオーナーズブックの特徴が気になる。

・クラウドファンディングで不動産投資を考えているんだけど、損したくない。

・特徴やメリット・デメリットなんかがわかると参考になるかも。

 

 

不動産投資に興味はあるけど、金額が高くて、始められない。

 

調べてみたらオーナーズブックというクラウドファンディングがあるのを見つけたけど、実際のところどうなんだろう?

 

この記事では、オーナーズブックの特徴やメリット・デメリットについて、詳しく解説しています。

 

興味ある方は最後まで読んでみてください。

 

 

本記事では、下記の内容を解説します。

 

・オーナーズブックとは

・オーナーズブックのメリット

・オーナーズブックのデメリット

・オーナーズブックの始め方

 

オーナーズブックとは

 

ここでは、オーナーズブックの概要についてみていきましょう。

 

会社概要

オーナーズブックを運営している会社はどんな会社なのでしょう?

会社名:ロードスターインベストメンツ株式会社

所在地:東京都中央区銀座1丁目10番6号6号銀座ファーストビル2F

資本金:5000万

最低投資可能額:10,000円

 

ロードスターインベストメンツ株式会社の親会社は、東証プライム上場のロードスターキャピタル株式会社です。

 

運用実績【貸付型】

累計投資額:28,841,050,000円

投資実行済案件数:227件

償還済案件数:200件

期限前償還済案件数:155件

返済遅延件数:1件

元本割れ件数:0件

平均予定運用期間:20.1か月

平均確定運用期間:11.1か月

※2022年6月2日時点の情報です

 

気になるのは、遅延が1件あることですね。

 

オーナーズブックのメリット

 

メリットは下記の通り

  • 親会社が上場企業
  • 少額から投資ができる
  • 株主優待が受けられる
  • プロの集団が集まっている

 

親会社が上場企業

オーナーズブックの親会社は、東証プライム上場のロードスターキャピタル株式会社です。

 

リーマンショックを経験した不動産のプロが多数在籍しており、不動産のプロ達が案件を厳選しています。

 

その点も安心できるポイントではないでしょうか。

 

少額から投資ができる

オーナーズブックをはじめ、不動産型のクラウドファンディングは1万円から始められるものが多いです。

 

不動投資となると数千万円以上かかり、リスクが高いためなかなか手が出せないですよね

 

そのため、少額から始められるクラウドファンディングは、初心者でも始めやすいといえます。

 

株主優待が受けられる

親会社のロードスターキャピタル株式会社の株を持っていると、株主優待として優先投資枠がもらえます。

 

優先枠というのは、他の投資家より優先的に投資できるというものです。

 

抽選式のクラウドファンディングでは、せっかく応募しても当選されないなんてこともあるため、優先的に投資できるのは嬉しいですよね。

 

プロの集団が集まっている

オーナーズブックでは、リーマンショックを経験した、不動産のプロ達が案件を厳選しています。

 

そのため、元本割れのリスクを抑えられます。

 

オーナーズブックのデメリット

 

オーナーズブックに限らず、不動産型のクラウドファンディングでは、下記のようなデメリットがあります。

  • 元本保証がない
  • 途中解約ができない
  • せっかく応募したのに、抽選形式で当選されない

 

それでは、一つずつみていきましょう。

 

元本保証がない

オーナーズブックに限らず、投資には元本保証がありません。そのため出資した金額が返ってこないリスクは常にあります。

 

途中解約ができない

オーナーズブックでは途中解約することができません。

 

そのため、急にお金が必要になったとしても、解約ができないんです。

 

ちなみに、途中解約できる不動産型クラウドファンディングもあります。

 

≫≫COZUCHI(コズチ)ってどんなサービス?【不動産型クラウドファンディング】

 

応募しても、投資できないこともある

応募したからといって、投資ができるということではありません。

 

他のクラウドファンディングも同じですが、抽選方式だと、抽選で当選しなければならないんです。

 

そのため、倍率が高いと当選できないこともあります。

 

オーナーズブックの評判・口コミ

 

オーナーズブックの口コミについて、多かったのは『当選できなかった』というコメントです。

 

そのほかでは、【大阪市中央区ホテル素地】の案件では元本割れがあったとのこと。

 

 

オーナーズブックの始め方

 

ここでは、オーナーズブックの始め方について解説します。

 

オーナーズブックの始め方は3ステップです。

 

ステップ1:投資家登録

はじめに、オーナーズブックのホームページから、仮登録をします。

 

仮登録すると、登録したときのメールアドレスに、仮登録完了通知がくるので、URLをクリックして投資家登録に進みます。

 

ステップ2:口座開設

投資家登録が済むと、口座に入金することができるようになるので、とりあえず1万円入金してみましょう。

 

ステップ3:好きな案件に応募して入金

入金が終わると、『募集中』の案件の中から、好きな案件を選んで応募すればOKです。

 

 

簡単ですよね。

 

抽選形式の場合、応募したらあとは当選するのを祈って待ちましょう。

 

まとめ

 

オーナーズブックをはじめ、クラウドファンディングでは1万円からと少額で不動産に投資することができます。

 

ただ、少額なため利益も少なめです。

 

ですので、大きな利益は期待できません。

 

  • 投資は初めて
  • とりあえず少額から
  • リスクを極力抑えたい
  • 月のお小遣いがもう少し増えたらいいなぁ

 

という方に向いているといえます。

 

 

OwnersBook

 

≫≫OwnersBook

 

 

ということで、今回は以上です。

 

≫≫【これから始める方へ】クラウドファンディングをわかりやすく解説!

≫≫大家.comを始める前に確認しておきたいこと【特徴、メリットやデメリット】

≫≫【不動産型クラウドファンディング】COZUCHI(コヅチ)の投資家登録【方法と手順】

 

-不動産投資

Copyright© nikkablog , 2022 All Rights Reserved.