仕事

【どうして嫌うの?】上司とうまくいかない理由【会社では全てが仕事】

 

 

職場にいると、なんだか息がつまりそう、、、。というのも、上司との関係がうまくいっていないのが原因なんだけど、それにしても、職場にいづらいし、いたくない。上司との関係が改善されるまでとはいかないにしても、今より少しは、マシになる方法はないんだろうか?

 

会社での悩みの多くは人間関係ですよね。

 

その中でも、上司との関係は、一番の悩みと言ってもいいのではないでしょうか?

 

この記事では、上司とうまくいかないときの対応方法について解説しています。

 

職場にいると息がつまりそう。辞める以外に方法はないのか。

 

そんな、悩める方の参考になれば幸いです。

 

 

本記事では、下記の内容を解説します。

 

  • 上司とうまくいかない理由
  • 上司とうまくいかないときの対処法
  • 転職は最終手段

 

この記事を書いている僕は、不動産業界で6年間勤務していました。

 

入社当初の僕は、何もできない、怒られてばかりのダメダメ社員でした。

 

それでも、役職をもらい、部下がつくようにまでなれました。

 

そこで、今回は『上司とうまくいかないときの、対処方法』について解説していきたいと思います。

 

上司とうまくいかない理由

 

なぜ、上司とうまくいかないんだろうか?

 

それには、下記のような理由があるからではないでしょうか?

 

理由①:上司が怖い

理由②:上司がキライ

理由③:上司という人がわからない

 

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

理由①:上司が怖い

威圧的な態度で、迫ってくる上司っていますよね。

 

  • 言葉が荒い
  • いつも怒鳴っている
  • 顔がブルドッグ

 

そんな上司が怖い。

 

上司に対して、怖いと感じてしまうと、話ができなかったり、もぞもぞと話してしまい、それが逆に上司をイラだたせてしまう。

 

その結果、上司が苦手と感じてしまい、上司からも『はっきりしない奴』と思われてしまう。

 

まさに、負のスパイラル。

 

理由②:上司がキライ

上司が怖いわけではないけれど、キライ。

 

  • 部下を守らない
  • 指示がコロコロ変わる
  • 部下の意見なんて聞く耳を持たない

 

部下を、ただのつかいっぱしりのように扱う上司。

 

「僕は仕事がしたいんだ!」と心の底では叫んでも、その叫びは上司には届きません。

 

『やりたいことをさせてくれない』『理不尽な理由で怒られる』そんなことから、上司のことをキラってしまう。

 

理由③:上司という人がわからない

一緒に仕事をしているはずなのに、上司という人がわからない。

 

  • 話しかけても、話題がなく、話が続かない
  • 部下を頼らず、上司が自分で仕事を完結させてしまう
  • コミュニケーションもとらず、一人で黙々と仕事をしている

 

こちらから積極的に、近づいているのに、なぜか上司から距離をおかれる。

 

「なんでだろう?」

 

どうやって、上司に近づけばいいのかわからない。

 

「あなたの上司はどんな人ですか?」という質問に「う〜ん、、、」と一瞬考えてしまう。

 

上司とうまくいかないときの対処法

 

会社員として働いている以上、上司はつきものです。

 

上司とうまくいかないときの対処法について、解説していきます。

 

対処法①:出社したあとは、全てが仕事だと考える

対処法②:自分にしかできないことを増やす

対処法③:ときには引くことも大事

 

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

対処法①:出社したあとは、全て仕事だと考える

少しドライな考え方かもしれません。

 

会社に出社したあとは、全てを仕事だと思えば、上司との関係についても、悩まなくて済むんじゃないでしょうか?

 

実際に、職場で割り切っている人もいますよね?

 

  • いつも笑顔で接している人
  • グチのひとつもこぼさない人
  • 嫌なことを頼まれても、文句を言わず引き受ける人

 

一見、『熱心』とか『まじめ』に思えるかもしれません。

 

実はこの人たちの中には、『仕事だと割り切っている』人たちの方が多いんです。

 

  • 仕事だから、嫌なこともしなきゃいけない
  • 怒られることも仕事のうち

 

そんなふうに考えることができれば、会社員生活も少し変われるんじゃないでしょうか?

 

下記の記事でも解説していますので、興味ある方はチェックしてみてください。

参考記事:≫≫【本当にそれでいいの?】職場の人間関係は割り切って付き合うべき

 

対処法②:自分にしかできないことを増やす

自分にしかできないことを増やすということは、『自分の価値を高める』ということなんです。

 

  • 周りから、頼られ、人望があつい
  • 自分を可愛がってくれるお客様がいる
  • 職場にパソコンに詳しい人が自分しかいない

 

『自分の価値を高める』というと、

 

  • 売り上げの成績を上げる
  • 大きなプロジェクトに携わる

 

などを、思い浮かべる方も、いるかもしれません。

 

ですが、それだけが、『自分の価値』ではないと思うんです。

 

『自分の価値』とは、誰かに『必要とされること』なんです。

 

必要とされるために、何ができるのかを見つけることで、自分の価値は高まっていくんです。

 

そして、そんな価値のあるあなたを、上司もほっておかないと思います。

 

対処法③:ときには引くことも大事

上司の中には、人付き合いが苦手な上司もいます。

 

そんな上司には『近づきすぎない』のがいいかと思います。

 

このような場合、磁石のS極とS極のように、近づけば近づくほど、離れてしまうからなんです。

 

人付き合いの苦手な上司を持った場合、よく観察するのがいいかと思います。

 

というのも、このタイプの上司は『天の岩戸』の要領で、心の扉を開いてあげる必要があるからなんです。

 

  • 上司が何を求めているのか
  • どんなことをしてほしいのか

 

『なんだか、めんどくさい』と思ってしまうかもしれません。

 

ここで、話はさかのぼりますが、『これも仕事』『お給料のため』だと思えば、なんとかやっていけるんじゃないでしょうか?

 

転職は最終手段

 

上司とうまくいかないからと、転職したくなる気持ちもわかります。

 

ですが、世の中の上司って、たいてい似たような思考を持っているんです。

 

ここで、真っ先に転職してしまうと、同じ悲劇が繰り返されないとも限りません。

 

  • 転職した後の職場の上司の方が、たちが悪い
  • 転職したのはいいけど、前の職場より環境が悪くなった

 

転職することがいけないわけではなく、転職は『最終手段』として、考えるべきなんじゃないかと思うんです。

 

具体的に、どういう状況が『最終』なのかというと、

  • もともと気が弱く、これ以上は精神的につらい
  • できる限りの努力をしたけど、努力が報われない
  • 「上司が・・・」以前に、そもそも、合わない仕事をしている

 

上記のような場合、いるべき場所を間違えている可能性があります。

 

そのときは転職して、居場所を変えた方がいいかと思います。

 

※下記はミイダスというアプリです。簡単な情報を入力するだけで、あなたを必要としている企業数と、おおよその年収を確認することができます。簡単な情報を見るだけなら、登録なしの無料でできるので、試しに自分の市場価値を見てみるのはいかがでしょう?



 

≫≫ミイダス

 

まとめ

 

どんな上司でも、簡単に離れられないのが、部下の悲しい宿命、、、。

 

上司とうまくいかないことで、ストレスを感じたり、ふさぎ込んでしまいがちですが、もっと気楽に受け止めてもいいんじゃないでしょうか?

 

深く考え込んでしまうと、深みにはまってしまい、抜け出せなくなってしまう危険だってあるんです。

 

「今の職場環境を、簡単に変えることはできない」という方は、自分を変えてみるのも、一つの手です。

 

上司を変えることができれば、いいのですが、残念ながら上司を変えることはできません。

 

なので、自分を変えるしかないんです。

 

理解はできても、納得ができないかもしれません。

 

ですが、成長する上で、変化することも必要なんです。

 

 

ということで、今回は以上です。

 

≫≫【実力もスキルもない】無能だと転職もできないって本当?

≫≫【転職サイトと転職エージェント】転職エージェントを使うメリットって?

 

-仕事

Copyright© nikkablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.