転職

【実力もスキルもない】無能だと転職もできないって本当?

2020年10月11日

 

 

あぁ、無能扱いされてつらいなぁ。いっそのこと転職して、またいちから出直そうかなぁ?いや、待てよ、無能扱いされたままで、転職なんてできるんだろうか?辞めたのはいいけど、このまま転職できなかったらどうしよう、、、

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事では、下記の内容を解説します。

 

  • 無能だと転職もできないって本当?
  • 無能だと言われても転職ってできるの?
  • 辛い気持ちを軽くする方法

 

無能だと転職もできないのではないか?

 

そんな疑問を抱えながら、転職もできず、いまだに苦痛の中をさまよっていませんか?

 

この記事では、無能でも転職するができるのかどうかについて、解説しています。

 

地獄のような生活から抜け出したい方の参考になれば幸いです。

 

 

無能だと転職もできないって本当?

 

無能だと転職できないというのは、半分本当で半分うそなんです。

 

無能だと転職できないは、半分本当で半分はうそ

無能だと転職できないと言われますが、では、なんで転職できないと言われるんでしょうか?

 

仕事ができないからでしょうか?

 

それとも、仕事にやくだつスキルがないからでしょうか?

 

転職できるかどうかを決めるのは、何も本人の実力やスキルだけとは限らないんですよね。

 

例えば、

  • 今は実力がなくても、これから実力を身につければいいですし
  • スキルがなくても、これからスキルを身につければいい

 

そう思いませんか?

 

実力やスキル意外にも、企業は、その人の人間性にも注目しているんです。

 

人間性がよければ、他のものは後からついてくる

人間性を重要視している企業が増えています。

 

  • 真面目にコツコツと仕事ができる人
  • 上司や同僚とコミュニケーションが取れる人

 

最近の企業では、こういった人たちの方が需要があるんです。

 

いくら実力があっても、チームで行動できな人や、どれだけ実力がある人でも、他人への思いやりを持てないような人材は企業も欲しがりません。

 

逆に、実力やスキルがなくても、仲間とのコミュニケーションが良好なら、実力やスキルなんて後からついてくるんです。

 

周りから好かれるような人は、みんなが助けてくれるからなんですね。

 

無能な人が転職できない理由

無能な人が転職できない理由は、大きく分けて、2つあると思うんです。

 

理由①:高望みしているから

理由②:転職の仕方を間違えているから

 

逆にいうと、上記の2つさえクリアすれば、無能だろうとなんだろうと、転職することができるんです。

 

無能だと言われても転職ってできるの?

 

無能な人が転職できない理由を2つあげました。

 

理由①:高望みをしているから

理由②:転職の仕方を間違えているから

 

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

理由①:高望みをしているから

無能な人に限ったことではありませんが、転職ができない人って、高望みしすぎていることが多いんですよね。

 

  • 一部上場企業で、福利厚生が充実している
  • 給料が25万円以上で休みもしっかりとれて、有給も取れる

 

給料も待遇もいいところなんて、競争率が高いのは目に見えているのに、なぜかそういった企業ばかりに目を向けてしまう。

 

「転職するんだから、条件がいいところがいい!」そう思う気持ちもわかりますが、なぜそんなに条件がいいのか考えてみたことがありますか?

 

企業の待遇がいいということは、それだけ企業が売り上げを出さないといけないんです。

 

つまり、営業なら厳しいノルマがあるかもしれないですし、経理なら決算間近になると残業に残業を重ねるかもしれません。

 

全ての企業がそうとは限りませんが、甘い蜜があるところには危険もひそんでいるんです。

 

理由②:転職の仕方を間違えているから

簡単にいうと、誰の力も借りず、自分の力だけで転職活動をしてしまっているということなんです。

 

転職活動は情報戦とも言われています。

 

他の人は、転職エージェントという武器を手にしているのに、自分だけ素手でいくさに行くようなものです。

 

相手が転職エージェントという武器を利用するんなら、こちらも対抗手段を取らないと勝てるものも勝てませんよね。

 

転職エージェントの登録は下記からどうぞ。

 

 

自分に自信が持てないと、何もできない

自分に自信が持てないと、何もできません。

 

  • どうせうまくいかないなら、やらない方がいい
  • どうせ必要とされていないから、やっても無駄になるだけ

 

こんな感じで、「どうせ〜」と考えがちになってしまいます。

 

ここで、ひとつ言いたいのは、『本当に無能なのかどうか』です。

 

というのも、現状で『無能』だと決め付けているのは、あなた自身であったり、会社の上司や周りだったりですよね?

 

それって、結局狭い範囲の中で、自分の可能性を決め付けていませんか?

 

世の中はもっと広いんですよ。

 

今の会社で能力を見つけ出すことができないなら、他の会社で見つけ出せばいいんです。

 

下記は、ミイダスというアプリで、無料で自分の市場価値をみることが可能です。

 

試しに、今の市場価値を診断してみてはいかがでしょうか?

 

もしかしたら、今まで見つけることができなかった自分の市場価値を、見つけ出せるかもしれません。

 



 

>>市場価値診断なら、ミイダス!

 

つらい気持ちで、心がしずむ前に

 

会社の上司や同僚から、無能扱いをされてつらい想いをしているかもしれません。

 

最後に、つらい気持ちを軽くする方法を紹介したいと思います。

 

方法は下記の通りです。

  • アウトプットの量を増やす
  • 周りとのコミュニケーションにも気を使う
  • たまに旅行にいくのもいい

 

ひとつずつ見ていきましょう!

 

①:アウトプットの量を増やす

読んだ本の内容を、すぐにやってみることです。

 

インプットした本の内容を、すぐにアウトプットしましょうということなんです。

 

というのも、一冊の本から吸収できることはたくさんあるのに、実際に行動に移せることって数えるくらいしかないんですよね。

 

アウトプットの量を増やすことで、できることが増えていくんです。

 

なので、このアウトプットの量を増やすことで、少しずつ自分に自信が持てるようになり、自然と気持ちも軽くなります。

 

②:周りとのコミュニケーションにも気を使うよう

1人で抱え込んでしまうと、気持ちがしずんでいくだけです。

 

そういった、しずんだ気持ちも、周りに相談したりとかすると、だいぶ楽になります。

 

僕はコミュニケーションが下手だったので、この辺も本を読んで解決していました。

 

コミュニケーションについては下記の記事でも解説していますので、興味ある方はチェックしてみてください。

 

参考記事:≫≫【超簡単】コミュニケーション能力を向上させるたった2つの方法

 

③:たまに旅行にいくのもいい

気落ちがしずんでいるときって、家に引きこもりたくなりますよね。

 

ですが、引きこもっていても、気分はしずむだけなので、思いきって旅行にいくのもありだと思います。

 

旅行に行くメリットは、景色を楽しんで気分転換というのもありますが、僕が一番良かったと思うのは、いろんな人との出会いですね。

 

『出会い』というと大袈裟かもしれませんが、要は会社以外で人と話をするのがいいかと。

 

気分が落ち込んでいるときって、「どこか遠くに行きたい」と思ったことありませんか?

 

そういう時は、変にいろんなことを考えずに、気分に任せて行動してみるのもいいかと思います。

 

下記から簡単に申し込みができますので、よろしければどうぞ。

 

>>じゃらん 遊び・体験予約はこちら

 

まとめ

 

最後に、僕が思うのは、無能で悩んでいる人は、視野が狭いのだと思います。

 

というのも、世の中は広いですし、一つの会社から無能だというふうにレッテルをはられようと、他の会社も同じとは限りません。

 

『適材適所』という言葉のように、居場所をどこにするかで、求められる能力も違ってきます。

 

あなたが今いる場所は適材適所ですか?

 

下記に転職についての記事も載せましたので、よろしければ参考にどうぞ。

 

>>【成功のカギは相性!?】転職エージェントは複数登録した方がいい理由

 

 

ということで、今回は以上です。

 

-転職

Copyright© nikkablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.