仕事

【経験談】仕事が続かない5つの原因と対処法【現状維持もあり】

2022年8月9日

 

 

仕事が長く続かなくて悩んでいるこのままだと不安定だし、落ち着きたい。どうすれば一つの仕事を長く続けられるんだろう?

 

 

今まで長く仕事を続けてきたことがない。落ち着いた仕事を見つけて安定したい。

 

この記事では、仕事が続かない原因と対処方法を僕の経験から解説しています。

 

だいぶ個人の考えに偏っているところはありますが、参考になれば幸いです。

 

 

本記事では、下記の内容を解説します。

 

・仕事が続かない5つの原因

・仕事が続かない原因への対処法

・10年後の自分を想像してみると、今どうすべきかわかる

 

この記事を書いている僕は、大学を卒業した後、フリーターを5年ほどしていました。

 

その後企業へ就職したのですが、その企業が倒産。

 

その後、不動産投資会社に入社し、退職。その後も就職と退職を3回ほど繰り返し、現在に至ります。

 

そこで、今回は僕の経験から『仕事が長く続かない5つの原因と対処法』について解説していきたいと思います。

 

仕事が続かない5つの原因

ここでは『仕事が続かない原因』の洗い出しからはじめましょう。

 

仕事が続かない主な原因には、下記の5つが考えられます。

1職場環境

2人間関係

3仕事へのやりがい

4会社への不満(給料)

5上司との関係

もちろん、これら5つ以外にもたくさんあると思います。

 

しかし、上記の5つが解決できるなら、長く続けていけそうじゃないでしょうか?

 

問題を解決するためには、根っこから解決しなくていけません。

 

それでは、一つずつみていきましょう!

 

原因1:職場環境

まず、職場環境ですね。職場というのは、仕事をする上でとても大事な場所です。

 

その大事な場所が快適じゃないと、仕事にもさしつかえてしまいます。

 

例えば、

  • 周りがうるさくて仕事に集中できない
  • 何をするにも承認が必要で、思うように進められない
  • 人の悪口がよく聞こえて、自分がいないときに悪口を言われているんじゃないかと気になる

職場って、仕事に集中できる環境じゃないといけないと思うんです。

 

仕事に集中できない環境だと、仕事のパフォーマンスが落ちて、失敗やミスの原因になりかねません。

 

職場環境の改善が難しいなら、自分が快適に仕事ができるように取り組みましょう。

 

人間関係

続いては人間関係です。人間関係もとても重要です。

 

というのも、仕事は一人ではできないからなんです。

 

仕事をするには周りの助けが必要なんです。

 

周りに頼れる人がいないと仕事ってできないんですよね。

 

例えば、

  • 誰も手伝ってくれない
  • 仕事を頼んでも、引き受けてくれない
  • 話しかけても、無視される

仕事って一人でやっているように錯覚しがちですが、実はその裏でいろんな人たちがフォローしてくれているんです。

 

人間関係が苦手な人の原因に、『人とのコミュニケーションが苦手』ということが考えられます。

 

人間関係をよくするためには、コミュニケーションは欠かせません。

 

コミュニケーション能力を向上させる方法については、下記の記事でも解説しているので、興味ある方はチェックしてみてください。

≫≫【超簡単】コミュニケーション能力を向上させるたった2つの方法

 

仕事へのやりがい

ところで、今の仕事にやりがいを感じていますか?

 

なぜ、そんなことを聞くのかというと、仕事のモチベーションを上げるためには、仕事へのやりがいが必要だからです。

 

やりがいがないんじゃ、なんのために仕事をしているのかわからなくなりますよね。

 

ただがむしゃらに頑張るのもいいですが、それだとつまらないんじゃないでしょうか?

 

逆にやりがいを感じられる仕事なら、毎日が楽しいものに変わりますし、充実できる毎日をおくれるんじゃないでしょうか。

 

例えば、

  • お客様から「ありがとう」と感謝される
  • 上司から「よく頑張ったな!おかげで目標達成できそうだ」と褒めてもらう
  • 「去年できなかったことが、今年はできるようになった」と自己成長を感じられる

もちろん上記以外にも『やりがい』はたくさんあります。

 

仕事のどこに、やりがいを感じるかは人それぞれです。

 

ただ、やりがいもなくただ仕事をするだけじゃ、モチベーションって上がらないんじゃないでしょうか?

 

給料への不満

お給料は大事です!生活するのに欠かせませんからね。

 

「働きに見合った給料が欲しい!」とは、誰もが思うことです。

 

お金のために頑張るのはよくないことだと言われますが、そんなことはないんです。

 

お金以外にも仕事をする理由はありますが、少ないお給料じゃ生活もできませんよね。

 

他の人の倍仕事しているのに、自分の半分の仕事もしていない人と同じ給料じゃ納得できません。

 

『正当な評価を』『頑張りに見合った報酬を』そんな気持ちが募って、会社を去る人は多いんじゃないでしょうか。

 

上司との関係

最後は上司との関係です。

 

相手が人間なだけに、簡単にはいきません。

 

上司との関係は、多くの会社員にとって悩みの種です。

  • 上司から認めてもらえない
  • いつも機嫌が悪くて、相談できない
  • 自分勝手で部下のことを考えていない
  • 人によって態度をを変える
  • 部下がこんなに頑張っているのに、上司はサボっている

など、あげればきりがありませんね。

 

とはいえ上司も人間です。完璧な人間はいませんから、多少は我慢も必要です。

 

ただ、上司への不満や不信感が募り、我慢の限界にまで達したら、もう仕事どころではなくなってしまいます。

 

そんなことから、「上司が嫌になった」とか「上司と喧嘩した」ことを理由に辞める人もいます。

 

仕事が続かない原因への対処法

仕事が続かない原因を洗い出したら、どうすればその原因を解決できるのかを探っていきましょう!

 

ここでは、僕が実際に行った対処方法を紹介します。

 

仕事の内容なんかによっては役に立たないかもしれませんが、「これは試せるかも」と思ったものがあれば、参考にしてみてください。

 

職場環境

職場環境を変えることは簡単ではありません。

 

仕事に例えると、ビッグプロジェクトです。

 

ただ、職場を変えなくても、自分を変えた方が実は早いんです。

 

例えば、

  • 周りの雑音を気にしない
  • 上司から承認をもらうときは、期限を設ける
  • 自分の悪口をいっているかもしれないけど、別にどう思われようと気にしない

人を変えるのは難しいけど、自分が変わるのは簡単ですよね。

 

それに、自分が変わるということは、成長するということでもあるんです。

 

なので、職場を変えることが理想的ですが、それができないなら、自分の受け止め方を変えてみてはいかがでしょう。

 

人間関係

人間関係を築くためには、コミュニケーションが欠かせません。

 

では、僕はどのようにしたかというと、相手に話すときに下記のポイントを意識しました。

  • 相手のことを考えて話す
  • しっかり相手の話を聞く

この2点です。「これだけ?」と思われるかもしれませんが、これだけです。

 

人はしゃべる生き物です。

 

何を話して、どう相手に伝えるかはとても重要なんです。

 

難しく考えなくていいんです。喋り方と聴き方を変えるだけなんですから。

 

「そんなのどうやって変えればいいんだよ」と思った方は、下記の記事をチェックしてみてください。

 

≫≫【超簡単】コミュニケーション能力を向上させるたった2つの方法

 

仕事へのやりがい

仕事へのやりがいは人それぞれです。

  • 給料
  • 自己成長
  • 社会貢献

など。

 

やりがいって、見つけるしかないと思うんです。

 

見つけ方のポイントとしては、『どんなことに喜びを感じるか』ではないでしょうか?

 

つまり、『やりがい=喜び』なんだと思うんですよね。

 

僕の場合は、自己成長を感じるときが、喜びを感じるときでした。

 

仕事は厳しかったのですが、それでも続けられたのは、毎日が学びの連続で、その中で自己成長を感じることができたからだと思います。

 

やりがいの見つけ方については、下記の記事でも解説しているので、興味がある方はチェックしてみてください。

 

≫≫仕事にやりがいを感じない人は見落としているだけ【やりがいの見つけ方】

 

給料への不満

正直、給料については、難しいところで、こればっかりは本人の頑張りも必要ですが、『会社の評価』が重要になってくるんです。

 

というのも、会社の評価制度がしっかりしていれば頑張った分に対して、正当なお給料としてかえってきます。

 

しかし、評価が上司の独断と偏見なら、頑張りを認めてもらえるのは難しいかと。

 

僕の場合、正当な評価をしてくれる上司でしたので、不満はありませんでした。参考にならなくてすみません、、、。

 

上司との関係

上司との関係って難しいですよね。直属の上司ならなおさらです。

 

僕の場合は、必要以上に関わらないようにしていました。必要なことは相談し、機嫌が悪いときは避けていました。

 

というのも、上司とは仕事上だけの付き合いでいいと思ったからです。

 

上司だって人間です。合う合わないは当然あります。合わない人に、無理して合わせなくてもいいんじゃないでしょうか?

 

「それだと上司との関係に影響するのでは?」と思われるかもしれません。

 

しかし、仕事さえしっかりしていれば、上司だって低い評価はできないはずです。

 

「あんな優秀な人材がなんでこの評価なんだ?」と上司の上司に詰められたら、その上司の無能っぷりが露見されてしまいます。

 

僕と上司の関係ですが、仕事をする上ではなんの支障もありませんでした。

 

上司との関係で悩んでいるなら、上司との距離を置いてみてはいかがでしょう?

 

ただし、明らかに避けるようなことをしてはいけません。

 

下記の記事では、解説しているので、興味ある方はチェックしてみてください。

 

≫≫【NGな対応】合わない上司のストレス対処法【注意すべき接し方】

 

10年後の自分を想像してみると、今どうすべきかわかる

仕事のことで悩みが多くて、どうすればいいかわからない人も多いんじゃないでしょうか?

 

僕のオススメする方法は、『10年後の自分を想像しましょう』です。

 

10年後のあなたは何をしているんでしょう?

 

違う仕事で新しいことにチャレンジしているのでしょうか?

 

それとも、今の仕事でキャリアを積み上げているんでしょうか?

 

いずれにしても、10年後の自分がどうなっているのかを想像すると、今やるべきことが見えてきます。

 

深く考えてしまうと、永遠に答えは出ません。

 

なので、とにかく考えるより行動です!

 

まず、原因を洗い出しから始めましょう。

 

そして、10年後の自分を想像しながら、今どうすべきかを考えましょう。

 

まとめ

僕自身、何度か転職を繰り返してきましたが、その度に思うことがあります。

 

それは『理想の会社に勤めるなんてことは滅多にない』ということです。

 

会社に対して思うところはあっても、自分の成長や目標としていることに繋がるなら、現状維持もありなんじゃないかと。

 

いずれにしろ、原因の洗い出しと対処法を探していくことは、どんな場面でも重要なことです。

 

まずは、そこからスタートしてみてはいかがでしょう?

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

ということで、今回は以上です。

 

≫≫【気がつくとひとりぼっち】職場の人間関係で孤立したときの対処方法

≫≫【使ってみた結果】ミイダスのコンピテンシー診断【登録の手順も解説】

 

-仕事

Copyright© nikkablog , 2022 All Rights Reserved.