仕事

【前向きに仕事がしたい!】上司に否定され続けてもへこたれない方法

 

 

上司から否定ばかりされる毎日で、会社にいきたくないなぁ。なんで、否定ばかりしてくるんだろう?なにか嫌われるようなことでも、したんだろうか?自分へのアドバイスだと受け止めてきたけど、最近気分が上がらない。このままじゃ、仕事もままならないし、気分が回復するようなことってないかな?

 

自分の意見や、提案がなかなか通らない。上司に否定されて毎日がつらい。

 

この記事では、上司に否定され続けられる毎日が、つらい方のためへの、アドバイスを解説しています。

 

なんとか前向きに、仕事ができるようになる方法はないだろうか?

 

そんな方の、参考になれば幸いです。

 

 

本記事では、下記の内容を解説します。

 

  • 上司が否定する理由3つ
  • 否定されてもへこたれない方法
  • 否定され続け、潰れてしまっては意味がない

 

この記事を書いている僕は、不動産投資会社で4年間勤務していました。

 

部下の辛さや、上司の大変さを経験してきました。

 

今回は『否定ばかりする上司への対応方法』について、解説していきたいと思います。

 

上司が否定する理由3つ

 

上司から否定され続けても、「アドバイスをしてくれているんだ」と思えれば、耐えることもできる。

 

でも、本当にアドバイスしてくれているんだろうか、、、?

 

上司が否定する理由ってなんだろう?

 

上司が否定する理由①:部下へのアドバイス

部下への否定は、多くの場合がアドバイスなんです。

 

というのも、上司と部下では、経験値が違います。

 

部下が「これはいけるかも!」と思っていたプランでも、内容に抜けがあったり、または内容が良くても、企画の段階で一歩足りなかったり。

 

「それならそうと、いってくれればいいじゃん!」と思われるかもしれません。

 

ですが、上司の中には、『自分で考えさせる』を大事にしている人もいるんです。

 

『答えを教えるのは簡単だが、自分で考えて出した答えにこそ価値がある』

 

そう思っている上司も、少なくないんです。

 

上司が否定する理由②:ただの頑固あたまの上司

上司の中には、頑固あたまの上司っていますよね?

 

型にハマりすぎというか、今の時代に一つのやり方でしか、仕事ができない人って。

 

そんな頑固あたまの上司は、自分がしてきたことがすべて正しいと思っています。

 

そのため、部下のアイデアや意見を聞かないで、自分の考えがすべて正しいと勘違いしがちなんです。

 

そういったタイプの上司は、部下にとって危険なんです。

 

部下は自分の意見やアイデアを押し殺して、上司のいいなりになってしまう。

 

それって、部下の将来がどうなるかも、想像できるんじゃないでしょうか?

 

上司が否定する理由③:部下に求めすぎる上司

部下に対して、求めすぎる上司も、否定しがちなんです。

 

例えば、

  • お前ならできる
  • お前はこんなもんじゃないだろ
  • これで全部か?他からもヒアリングしたのか?

 

部下のことを過大評価しすぎているのか、はたまた期待値が高いのかは上司によって違います。

 

部下に対して、求めすぎる上司は、部下に120点の結果を求めようとするんです。

 

その結果、部下は頑張って100点の仕事したとしても、悲しいことに否定されてしまうんです。

 

※上司に放置されて悩んでいる方は、下記の記事でも解説していますので、興味ある方はチェックしてみてください

参考記事:≫≫【部下が悪いの?】上司が部下を放置する理由【理由を5つ紹介】

 

否定されてもへこたれない方法

 

上司から否定され続け、会社にいるのもなんだか窮屈。

 

上司に何かを提案するのも「どうせ否定されるだろうな」と考えてしまい、前向きに仕事ができない。

 

そんなときは上司を『お客様』だと思ってみるのはどうでしょう?

 

例えば、

  • 接し方を変えてみる
  • 話し方を変えてみる
  • 提案の仕方を変えてみる

 

上司だって人間です。

 

  • 感じのいい接し方で、話を聞いてもらう準備をさせる
  • 持ち上げるような話し方で、上司の気分を持ち上げて、提案を通りやすくする
  • 上司は基本忙しいことが多いので、だらだら話してしまわないように、まず結論から話す

 

もちろんすぐに効果が現れるわけではありませんし、いきなり完璧な対応ができるわけではありません。

 

何度も挑戦することが必要です。

 

「なんだかめんどくさいなぁ」と思われるかもしれません。

 

ですが、ただ、『めんどくさい』というだけではありません。ちゃんとしたメリットもあるんです。

 

それは、『営業スキルの向上』なんです。

 

上司に通用するやり方ならば、お客様にだって通用するはずです。

 

なので、上司を相手に、営業スキルを磨くつもりで、接してみてはいかがでしょう?

 

営業スキルも上がり、上司から否定されなくなれば、まさに一石二鳥じゃないでしょうか?

 

「営業職じゃないんですけど、、、」という方は、『苦手な人とのコミュニケーションスキル』と考えてみてはいかがでしょう?

 

自分の成長にも繋がりますし、前向きに仕事に取り組めるかと。

 

『上司に相談ってどうやってすればいいの?』について下記の記事でも解説していますので、興味ある方はチェックしてみてください。

参考記事:≫≫上司への相談の仕方【相談するときは3つの伝え方が重要】

 

否定され続け、潰れてしまっては意味がない

 

とはいえ、このままでは、潰れかねない。

 

そんな状況にまで、追い込まれているのなら、転職を検討するのもありかと。

 

というのも、潰れてしまってからでは、『次』のステップを踏むことが、難しくなってしまうんです。

 

『潰れてしまう』というのは、精神的に追い込まれ、心の病気になってしまうことです。

 

テレビのニュースでもやっているように、精神的に追い込まれて、何年も社会復帰できな人たちだっているんです。

 

そうなってしまうと、この先の生活が不安になりませんか?

 

「でも、そうやって逃げたくない」そう考えてしまう方もいるかもしれません。

 

ですが、逃げ出したからといって、この世の終わりというわけではありません。

 

それに、追い込まれている状況からの脱出は、『逃げ』なのでしょうか?

 

新しい環境で出直すのか、それとも、追い込まれた状況に耐え続けていくのか。

 

どちらの選択が、あなたにとって正しいのか、考えてみてください。

 

下記の記事では、部下を潰す上司の特徴と対策について解説しています。興味のある方はチェックしてみてください。

参考記事:≫≫【あなたの将来は明るいですか?】部下を潰す上司の特徴【2つの対策】

 

まとめ

 

上司が否定してくる理由は、主に、部下への指導が多いのではないかと思います。

 

中には、個人的な理由で、攻撃してくる上司もいますが、かなり少ないかと思います。

 

部下に個性があるように、上司にも個性があるんです。

 

あなたの上司は、どんな理由であなたを否定するんでしょう?

 

あなたへの、アドバイスが目的で、否定してくるんでしょうか?それとも、ただ、人の意見を聞かない頑固あたまなのでしょうか?

 

あなたは、その本当の理由を、見つけることができていますか?

 

『あなたを否定』する上司は上司として失格ですが、『仕事の仕方を否定』する上司なら、まだ希望があるんじゃないかと。

 

 

ということで、今回は以上です。

 

≫≫【成功のカギは相性!?】転職エージェントは複数登録した方がいい理由

≫≫【実力もスキルもない】無能だと転職もできないって本当?

 

-仕事

Copyright© nikkablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.