仕事

【良い上司の条件】良い上司とは何か?部下から嫌われない方法とは

 

 

良い上司ってどんな上司なんだろう?部下だった頃は、こんな上司がいいなぁと思っていたけど、いざ上司になってみると、部下とはどのような接し方をすればいいのかわからなくなってきた。良い上司って一体なんだろう?

 

部下だった頃は、上司に「こうして欲しい」とか「ああして欲しい」とか思っていた。

 

いざ、自分が上司になってみると、一体どんな上司でいればいいいのかわからい。

 

この記事では、『上司とは何か』について、個人的な視点から解説していきたいと思います。

 

部下から嫌われたくないし、かといって舐められたくもない。そんな方の参考になれば幸いです。

 

 

本記事では、下記の内容を解説します。

 

  • いい上司とは何か
  • 部下から嫌われない上司の条件
  • 上司として、これからの心構えついて

 

この記事を書いている僕は、不動産投資会社で4年間勤務していました。

 

部下の辛さや、上司の大変さを経験してきました。

 

今回は『上司とは何か』について解説していきたいと思います。

 

いい上司とは何か

 

『いい上司』には誰でも憧れますよね。

 

では、どんな上司がいい上司だと言えるんでしょうか?

 

いろんな意見があるとは思いますが、ここでは、僕が思う『いい上司ってこんな上司なんじゃないかな』というのを、3つ紹介したいと思います。

 

部下を育てることができる上司

上司の仕事って、『部下を育てること』がメインだと思うんです。

 

というのも、会社は人で、できているからなんです。

 

つまり、人が育たないということは、会社も成長しないということなんです。

 

そのため、一定の役職以上になるためには、『人を育てることができるかどうか』というのが、評価対象になるんです。

 

部下に寄り添うことができる上司

ここでいう寄り添うとは、部下の視点にたつということです。

 

上司という立場上、どうしても、上から目線になりがちなんです。

 

  • あれができていないぞ
  • いつまでかかっているんだ
  • だからお前はいつまで経ってもできないんだ

と、つい部下にきつい言葉を浴びせてしまう。

 

本当はそんなこと思っていないのに、「きつく言いすぎたかな」と、後で後悔することもしばしば。

 

上司として、部下に厳しくしなければいけない場面も、多々あるかとおもいます。

 

だからこそ、部下の視点に立って、一緒に乗り越えることが必要だと思うんです。

 

部下に仕事を任せることができる上司

成功するにしろ、失敗するにしろ、部下本人に体験をさせることは大切なことなんです。

 

ここで、失敗することを恐れるあまり、部下に何もさせないというのは、逆効果なんです。

 

  • 上司は、部下を信用できない
  • 部下は、仕事を任せてもらえない上司に、不信感を抱く

 

これでは、上司と部下の関係は悪くなる一方です。

 

『部下に仕事を任せるのは心配』だと思われるかもしれません。

 

心配なら、陰からこっそり見守ってあげるのはどうでしょう?

 

そうすれば、上司と部下の絆も深まるんじゃないでしょうか?

 

部下から嫌われない上司の条件

 

上司なら誰でも、部下から嫌われたくないですよね。

 

嫌われたくないからといって、部下の機嫌を取るのは間違い

部下から嫌われたくないからといって、部下の機嫌を取るようなことをしてはいけないと思うんです。

 

というのも、部下の機嫌をとっているということを、部下本人だけじゃなく、周りの人たちも気がついています。

 

仮に、あなたの上司があなたの機嫌を取るような上司なら、あなたはその上司に、どんな印象を持つでしょうか?

 

もちろん人によって、印象は違うかもしれません。

 

ですが、ほとんどの人は『部下の機嫌を取る上司なんて、この先ついて行っても大丈夫かな?』と、不安になるんじゃないでしょうか?

 

『厳しさ』の中にも、『優しさ』を

上司という立場って、難しいですよね。

 

厳しすぎると嫌われるし、優しすぎると頼りないと言われる。

 

どちらかに偏っても、部下からの評価は厳しくなる。

 

大事なのは『厳しさ』の中に、『優しさ』を持つことなんです。

 

というのも、『厳しい上司が嫌われる理由』って、上司の伝えたいことが、部下に伝わっていないからなんです。

 

つまり、上司と部下の信頼関係がない中で、上司の一方的な強いあたりに、部下が耐えられないからなんです。

 

なので、部下本人が納得していれば、厳しくても、嫌われることはないかと。

 

大事なのは部下との信頼関係なんです

ガミガミ怒る上司でも、部下から尊敬される上司っていますよね。

 

  • 厳しい上司でしたが、尊敬できる上司でした
  • いつも怒ってばかりで怖い人でしたが、いい面もありました

 

こんなことを、テレビとかで聞いたことってありますよね。

 

もちろんテレビ用のコメントかもしれませんが、実際にそう思う部下の人たちっていると思うんです。

 

実際僕も、散々怒られましたが、上司のことは尊敬していました。

 

『なぜ?』だと思われかもしれませんが、それは『上司と部下の信頼関係』だと思うんです。

 

というのも、信頼関係ができている上司と部下って、上司の考えていることが部下に伝わりますし、部下の抱えている状況を上司も理解しているからなんです。

 

なので、『厳しい上司』が嫌われるんじゃなくて、『信頼関係のできていない、厳しい上司』が嫌われるんじゃないでしょうか?

 

上司として、これからの心構えついて

 

上司としての心構えって、やっぱり部下に寄り添うことだと思うんです。

 

上司という立場上、部下に威張れます。

 

そのため、めんどくさいことなんかは、つい『いいから言われた通りにやれ!』と、口に出してしまうことがあるんじゃないでしょうか?

 

ですが、威張ったところで、上司の本心は部下に伝わらないんです。

 

なので、部下に寄り添い、部下が何を考え、何を抱えているのかを把握することも必要なんです。

 

とはいえ、どうすればいいかわからない方は、とりあえず思い切って部下に仕事を任せてみるのはどうでしょう?

 

やってみないと、わからないことって多いんです。

 

失敗するかもしれませんが、その時こそ、部下に寄り添うチャンスなんです。

 

※上司と部下のコミュニケーションについて、下記の記事でも解説していますので、興味ある方はチェックしてみてください。

参考記事:≫≫【密なコミュニケーションではダメ?】上司と部下の正しい関係とは

 

まとめ

 

『上司とは何か?』と質問すると、

 

  • 怖い存在
  • 威張るだけで、何もできない人
  • 自分より下の人に威張り、自分より上の人にごまをする人

 

そんな、厳しい意見が返ってくることが多いんじゃないでしょうか?

 

残念ながら、上司の気持ちは1%も、部下に伝わっていないのが現実なんです。

 

なので、部下を『部下として』ではなく、同じ立場の同僚として見てあげてはどうでしょうか?

 

人と人の関係なので、うまくいくとは限りませんし、全てが伝わるとも限りません。

 

ですが、何もやらないよりはマシなんじゃないでしょうか?

 

 

ということで、今回は以上です。

 

≫≫【キャリアアップ転職】資格があると転職に有利なの?【注意点あり】

≫≫【実体験】仕事ができない部下は、見切りをつけるべき?【上司として】

 

-仕事

Copyright© nikkablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.