仕事

【実は理由があった】上司が部下を助けない理由【悲しい結末を回避】

 

部下が困っているのに、上司が助けないなんてどうかしてるぜ!上司の助けが望めないようなとき、部下として何ができるんだろう?もう、一人で耐えるのも辛くなってきたから、会社辞めようかなぁ、、、

 

困っているのに上司が助けてくれない。上司のありえない態度に唖然とするばかり。

 

この記事では、上司が部下を助けない理由について、解説していきたいと思います。

 

上司が何を考えているのかわからない、そんな悩める方の参考になれば幸いです。

 

本記事では、下記の内容を解説します。

 

  • 上司が部下を助けない理由
  • 上司が部下を助けてくれないとき、部下のとるべき行動
  • 上司が部下を助けないような、会社は辞めるべき?

 

この記事を書いている僕は、不動産投資会社で4年間勤務していました。

 

上司として部下を持った経験もあり、今回は『上司が部下を助けない理由』について解説していきたいと思います。

 

上司が部下を助けない理由

 

上司が部下を助けないのにも実は理由があります。その理由のうち、今回は3つを紹介したいと思います。

 

理由①:面倒事に巻き込まれたくない

人間、面倒なことに巻き込まれたくないのが、正直なところです。

 

その正直な心にしたがってしまった、残念な上司も世の中にはいます。

 

例えば、

  • 取引先とのトラブルで、部下が怒られているのに、その仲裁に入ろうとしない
  • 面倒な案件は部下に、楽な案件は上司に。そこでミスがあっても部下の責任

 

信じられないかもしれませんが、このような上司がいることは紛れもない事実なんです。

 

理由②:上司の力不足

2つ目は、上司の力不足です。

 

この場合『助けない』というよりも、『助けられない』といった方が正しいのかもしれません。

 

例えば、

  • 部下を助けられるだけの、権限がない
  • 部下の意見は正論だけど、会社の意向とそぐわない

とかでしょうか。

 

自分の上司の上にも、上司はいるわけで、結局、上の人をなんとかしなければ、理不尽な扱いをされるのは避けて通れないのかもしれません。

 

部下のためにも、助けてあげたい。でも、自分にはその力がない。

 

無力な自分に、打ちのめされている上司もいます。

 

理由③:部下のために我慢している

本当は助けてあげたい気持ちで、いっぱいだけど、そこで助けてしまったら、部下のためにならない。

 

千尋の谷に突き落とす気持ちで、あえて部下を助けない。

 

上司がなんでもかんでもやってしまうと、確かに正確だし、早く処理もできます。

 

ですが、それだと、部下は学ぶものがなくなるんですよね。

 

  • 時間がかかるなら、どうしたらスムーズに進行できるようになるのか
  • ミスが多いなら、ミスを減らすためにはどうすればいいのか

 

このように、自分で考え、苦難の道から抜け出す方法を見つけたとき、その部下のレベルが上がるんですよね。

 

上司が部下を助けてくれないとき、部下のとるべき行動

 

上司が部下を助けない理由ごとに、部下のとるべき行動を解説していきます。

 

『理由①:面倒事に巻き込まれたくない』なら、

反面教師にしましょう。

 

上司を反面教師にして、自分が上司になった時、部下に対して同じことをしないように心がけましょう。

 

というのも、上司は会社での立場も権力も上です。

 

部下と違ってできることが多いのに、何もしないのは、もはや自分の役割を忘れているのに等しいです。

 

そんなかわいそうな上司を反面教師にして、自分磨きに力を入れましょう。

 

『理由②:上司の力不足』なら、

上司の力不足が原因なら、上司に頼ることをやめましょう。

 

会社という組織の中で、上司と部下の上下関係は恐ろしく強いものです。

 

それが上に行けば行くほど、力を増していきます。

 

例えば、一般社員と主任くらいなら、まだ”わきあいあい”とできますが、

 

主任と課長、課長と部長、部長と常務、とこんな感じで、上に行けば行くほど、”わきあいあい”なんてできません。

 

そこにあるのは、『上司の言うことは絶対』という重圧です。

 

なので、上司の力不足は仕方ないとあきらめ、自分で自分の身を守る術を身につける必要があります。

 

『理由③:部下のために我慢している』なら、

思い切って、今の気持ちを上司に相談してみる、と言うのはいかがでしょう。

 

僕は普段、『上司に相談する』というアドバイスはしません。

 

なぜなら、僕自身、上司に相談して、解決できたことがないからです。ですが、今回の場合は違います。

 

今回のような場合、上司が部下の感情を見誤っている可能性があるんです。

 

『部下のためにやっていることなんだから、間違いはない』と、勘違いしている上司。部下がどんな想いをしているのかがわかっていません。

 

上司が部下のためを想ってしたことなのに、逆に部下に苦痛を与えてしまっている。

 

そんな悲しい結末は、できることなら回避したいですよね。

 

そのためにも、『自分がどれだけ苦痛なのか』を上司にわかってもらうため、一度上司に相談した方がいいかと思います。

 

上司が部下を助けないような、そんな会社は辞めるべき?

 

上司が頼りない、部下が困っているのに、ちっとも助けようとしない。

 

そんな上司に呆れて、会社を辞めようかどうか、迷っている部下の方もいるかもしれません。

 

上記の解説でもみたように、上司に見切りをつけるのはまだ早いのではないでしょうか?

 

自分の上司が、助けてくれない理由が何かを探してみるのもいいんじゃないかと思います。

 

今まで気がつかなかった、上司の一面を見つけることができるかも、

 

また、実は気がついていないだけで、裏で上司に助けれていたなんてこともあるかもしれません。

 

会社を辞めるのは簡単ですが、お互いの気持ちのすれ違いから、一方通行のままお別れするなんて、悲しすぎませんか?

 

お別れする前に、一度相手を見つめ直す時間を作ってみるのもいいんじゃないかなと思います。

 

見つめ直した結果、『やっぱり、しょうもない上司だった』場合は、転職を検討してみてもいいかと思います。

 

参考記事:»»【まじめすぎると損をする】上司と合わないと感じたときにすべきこと

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?今回は部下を助けない上司について書きました。

 

僕自身、過去に上司とうまくいかなかったときもありましたし、部下とうまくいかなかったときもありました。

 

その経験から、今回の内容に共感する方もいるのではないでしょうか?

 

 

ということで、今回は以上です。

 

-仕事

Copyright© nikkablog , 2021 All Rights Reserved.