仕事

【ストレスMAXでもう限界!?】言うことを聞かない部下の対処方法

 

 

部下がいうことを聞いてくれない。これでは上司としての立場が、、、。上司として熱心に教育しているのに、なんでいうことを聞いてくれないんだろう?素直にいうことを聞いてくれる、そんなかわいい部下がいてくれたら、、、これでは、上司としての自信が、、、

 

部下が言うことを聞いてくれない。どうすれば言うことを聞いてくれるようになるんだろう?

 

この記事では、部下がいうことを聞いてくれないときの、対処方法について解説しています。

 

言うことを聞いてくれない部下に、頭を悩ませている方の参考になれば幸いです。

 

本記事では、下記の内容を解説します。

 

  • 言うことを聞かない部下の対処方法
  • 言うことを聞かない部下は、放置すべき?
  • 言うことを聞いてくれるためには、どうすればいい?

 

この記事を書いている僕は、不動産投資会社で4年間勤務していました。

 

部下の辛さや、上司の大変さを経験してきました。

 

今回は『言うことを聞いてくれない部下』について解説していきたいと思います。

 

言うことを聞かない部下の対処方法

 

『部下が言うことを聞いてくれない』そんなときの対処法を3つ、紹介したいと思います。

 

対処法①:部下の気持ちも、考えてみよう

部下が言うことを聞いてくれないときは、部下の気持ちになってみるのが一番です。

 

もし、自分が今の部下の立場で、上司の言うことを聞かないとしたら、どんな理由が想像できるんでしょう?

 

よくある理由としては、

  • 上司との信頼関係がない
  • 上司の言っていることがわからない
  • 上司の言っていることより、自分の考えの方が正しい

 

というのも、部下がなぜ上司の言うことを聞かないのか、その理由を上司の立場で考えたって、思いつかなんです。

 

だって、上司と部下の立場が違うんですから、わかるはずもありませんよね。

 

部下の立場になるのってどうやるの?と思われるかもしれません。

 

ですが、そんなに難しくないかと思います。

 

なぜなら、今のあなたは部下を持つ上司ですが、それまでは、上司を持つ部下だったはずです。

 

部下の気持ちが、わからないはずがありませんよね。

 

もし、自分が今の部下と同じように、上司の言うことを聞かないとしたら、その理由はなんでしょう?

 

対処法②:部下への接し方を、振り返ってみよう

『過ぎたことを、振り返っても仕方がない』と思われるかもしれません。

 

ですが、場合によっては、振り返ることも必要なんです。

 

というのも、上司は過ぎたことを忘れますが、部下は忘れないんです。

 

  • 上司がなにげなく言った、ささいな一言
  • 気持ちがたかぶり、感情に任せて放った一言

 

そんな『一言』の積み重ねが、部下との距離を遠ざけているんじゃないでしょうか?

 

部下が成長してくように、上司もまた、振り返りながら、成長していく必要があるんじゃないかと思います。

 

対処法③:部下に思い切って、仕事を任せるのもあり

『部下にはまだ早い』とか『失敗して、面倒なことを引き起こしてほしくない』

 

そんな気持ちから、部下には、簡単なことしかさせなという、教育方針も企業によってありますよね。

 

ですが、僕個人的には、逆に一つの仕事をまるっと、すべて任せてみるのも、いいんじゃないかと思うんです。

 

※もちろん、いきなりハイレベルな案件ではなくて、なにかあったとき、上司が対処できるような案件がいいかと。

 

というのも、部下がいうことを聞かない理由の一つに、『仕事がわかっていない』というのがあるんです。

 

仕事がわかっていないから、上司の指示に対して疑問を持ってしまうんです。

 

  • なんでこんな回りくどいことを、するんだろう?
  • そんな非効率なこと、しなくてもいいのに

 

どんなに完璧だと思っていたとしても、仕事には、『万が一』ということがあります。

 

上司としては、当然この『万が一』に備える準備をします。

 

ただ、この準備が部下からしたら、『回りくどい』、『非効率』だと思われがちなんです。

 

それもそのはずで、上司ほど、経験がないため、『万が一』のことなんて頭にないんです。

 

そのため、

  • なんで、こんなめんどくさいこと、しなきゃいけないんだよ
  • OKだと言われたんだから、回りくどいことしないで、すぐ取り掛かればいいのに

 

と、上司の考えが、理解できないんです。

 

言うことを聞かない部下は、放置すべき?

 

上司の中には、「部下がいうことをきかないなら、放置するしかない」と考えてしまう方もいるかもしれません。

 

ですが、その判断は正しいのかどうか、一度冷静になって、よく考えてみた方がいいと思います。

 

というのも、いうことを聞かない部下にも、2つのタイプがあると思うんです。

 

タイプ①:仕事に対して、やる気はあるけど、上司の指示が理解不能

タイプ②:仕事もやる気ないし、直接仕事と関係ない指示なんて従いたくない

 

タイプ①とタイプ②の違いは、仕事に対して、前向きなのかどうかです。

 

仕事に対して、前向きなのであれば、お互いに歩みよることができます。

 

しかし、タイプ②なら、まずやる気を起こさせる必要があるんです。

 

下記の記事でも解説してますので、興味ある方はチェックしてみてください。

 

参考記事:≫≫【実体験】仕事ができない部下は、見切りをつけるべき?【上司として】

 

言うことを聞いてくれるためには、どうすればいい?

 

部下が、いうことを聞いてくれないときの、対処法を解説しました。

 

ですが、対処法は、あくまでも、ことが起こってからの救済措置なんですよね。

 

ケガをしたときに、つける薬のようなものだと思うんです。

 

できることなら、ケガをしないように、普段から気をつけることが一番なのではないでしょうか?

 

ケガをしないために、普段から気をつけることは、注意深く観察することなんです。

 

部下にも感情があり、考えがあるんです。上司の一方的な押し付けでは、部下は納得しないんです。

 

部下自身が納得しなければ、上司のいうことも聞いてくれません。

 

以前なら、黙って上司についてくる部下もいましたが、現代ではなかなか、少ないんじゃないでしょうか?

 

あなたの部下は、

・仕事を、どんなふうに考えているんでしょう?

 

・この先、仕事を通して、どんなふうに成長していきたいんでしょう?

 

・仕事で、どんなことに、チャレンジしてみたいんでしょう?

 

上司であるあなたは、答えられますか?

 

まとめ

 

部下を持つ上司として、数ある悩みの中でも、もっとも頭を抱えるのが『部下がいうことを聞いてくれない』ではないでしょうか?

 

というのも、僕自身、部下がいうことを聞いてくれない時期がありました。

 

そして、その時に気づいたのが、『部下のことを見ているようで、見ていなかった』ことでした。

 

つまり、上司と部下の関係でしか、見ていなかったんです。

 

上司と部下である以前に、人対人なんですよね。

 

部下が言うことを聞いてくれないなら、部下としてではなく、一人の人間として見てあげてはいかがでしょうか?

 

そして、部下に対してではなく、同じ立場の友人としてアドバイスしてみる。

 

というのも、上司という衣をまとっていると、素直になれないことがあるからです。

 

部下が、いうことを聞いてくれないのには、理由があります。

 

その理由を把握した上でないと、謎は永遠に解けないかと思います。

 

 

ということで、今回は以上です。

 

≫≫【主に2つ】あなたの部下が笑わなくなった原因【笑顔を取り戻す方法】

≫≫【遠ざかる心の距離】上司と部下の信頼関係が失われていく理由

 

-仕事

Copyright© nikkablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.